ぬくもり動物医療センター

ご予約・お問い合わせはこちらから

ぬくもり通信
DATA

ホーム ﹥ ぬくもり通信

ぬくもり動物日記

新型コロナウイルスの犬猫への影響について

「コロナウイルス」の画像検索結果

新型コロナウイルスの犬猫への影響について

中国を発生源とする新型コロナウイルスですが、短期間で世界的な感染拡大が認められております。感染者数は2020年2月28日時点で8万人を超えたことが確認されました。伴侶動物を飼っている飼い主様は、共に暮らす犬や猫への影響についてご心配されている方も多いと思います。これまで伴侶動物への感染は報告されていませんでしたが、2020年2月28日に香港当局から新型コロナウイルス感染者の飼育犬から弱陽性反応が出たとの報告がありました。この件について同日、日本獣医師会が見解を発表しましたのでご報告いたします。

——————————————————————————————————-

〈日本獣医師会の見解〉

香港で新型コロナウイルス感染者の飼育犬から弱陽性反応が出た事例について

香港・漁農自然護理署は2月28日、新型コロナウイルス感染者の家庭で飼育されていた犬から同ウイルスの弱陽性反応が出たと発表しました。しかし、日本獣医師会は、日本におけるペットの新型コロナウイルス感染は 現時点では問題とならないと考えます。 香港の例は、体にたまたま付着したウイルスの遺伝子をPCRで検出した可能性が考えられます。また、報告された事例は本件1例のみであり、犬にウイルスが感染し、犬の体内で増殖して排出されたと確認されてはいません。むしろ本事例は、新型コロナウイルスが飼育者から犬に移行したものと考えるのが妥当であり、現時点では、飼育者がしっかりした感染防御の対応をとることが最も重要だと考えます。

2020年2月28日 公益社団法人 日本獣医師会

——————————————————————————————————-

 

日本獣医師会の発表から、現時点では新型コロナウイルスの犬猫への影響は問題とならないと考えられています香港の新型コロナウイルスが検出されたとされる犬も無症状です。しかし、飼い主様は引き続きしっかりと新型コロナウイルスに対する感染防御対応をしていただければと思います。今回報告された犬からの検出例はまだ1例であり、新型コロナウイルスの犬猫から人への感染は現時点では報告されていません。新たな情報が入り次第、随時お知らせいたします。

 

トップへぬくもり動物医療センター